2010年03月02日

新生活の定着は群馬の誇りか?

 群馬のお葬式に、他県に人が参列する時、面食らうものがあります。香典袋を持って受付に行くと、会葬者の多いお葬式の場合「会社関係」「親戚」「一般」などの札が掲げられていますよね。スムーズに受付をしようという区分けです。
 群馬には、もうひとつ別の札が掲げられます。「新生活」と書いてあります。逆に、群馬の人が他県のお葬式に参列して戸惑うことがあります。「新生活の受付がないぞ」。
 この新生活、「新生活運動」といって、冠婚葬祭の虚礼廃止を目的に戦後の昭和20年代から30年代にかけて、各地で始まった住民運動です。
 敗戦直後でフトコロがさみしい時代、無駄に見栄をはるようなことはやめようよ、という考えでした。
 お葬式の香典でいえば、昨今、お義理の参列でも5000円だし、普通は1万円ですね。これを、お義理の参列の人は1000円にして、その代わり会葬返礼品辞退するということです。
 でも、40年代以降の経済成長の中で、忘れられていく運命をたどりました。それでも、関東の北部、つまり群馬・栃木・埼玉などでは、この制度が残っている所があります。
 群馬では、お葬式についてこの新生活運動のスタイルが、ほぼ全域で定着しています。これは全国でも他に例を見ないことです。
 高崎市役所が掲げる申し合わせを見ましょう。
 お葬式では「香典は1000円にしましょう」「返礼品は辞退し、会葬礼状だけを受け取りましょう」「施主は会葬礼状を用意して、返礼品は用意しないようにましょう」「お通夜で弔問者にお清め(カップ酒・砂糖など)を用意しないようにしましょう」などなど。
 結婚披露宴は「会費制にしましょう」。
 病気お見舞いは「1000円にしましょう」「快気祝いはしないようにしましょう」
 その他「出産祝い、節句祝い、新築祝いなどは1000円にしましょう」。
 お葬式以外では、単なる呼びかけ・スローガンですが、これがお葬式になると、少なくとも香典の世界では、「お義理の会葬者は新生活で」が定着しています。
 ただ、返礼品を辞退って、受付ではなかなか言いにくいのが心情です。喪主側も新生活用に1000円程度の品を用意していますから。だから香典も1000円ではなく、2000円なのです。2000〜3000円という金額になっています。そうでないと、喪主に入る部分がありませんからね。
 街中のコンビニにも「新生活運動の趣旨に添ってお返しを辞退いたします」と表面に印刷された香典袋が並んでいます。
 もちろん、普通の香典袋の左上に「新生活」と三文字書いてもいいんです。
 埼玉県入間市のように、市役所などに「新生活シール」があって、それを香典袋に貼るスタイルもあります。
 元々、香典は、故人にお香を手向けるものでした。それが時代とともに「お香料」として米になったり、今日のようにお金になりました。「急なお葬式で、遺族の出費も大変だろうから」ってこと。
 香典をもらった遺族は「半返し」といって、その金額の半分相当の返礼品を用意します。葬儀会場で直接返礼品を渡たすスタイルと、後日送るスタイルは地域によって違います。
 
 群馬のお葬式では、遺族が2通りの返礼品を用意します。
 通常の1万円の香典を包んだ人のために4000円〜6000円程度の返礼品。新生活で2000円〜3000円の香典を包んだ人のために、1000円程度の返礼品です。
 僕は考えます。故人や遺族のための香典と言いながら、返礼品の費用を差し引けば1万円のうちの4000〜5000円程度しか、遺族の手元には残りません。お通夜にしても、お葬式にしても、飲食のふるまいもありますから、大ざっぱに言えば、最終的に2000円程度が残るだけです。
 だったら、新生活で3000円包んで、返礼品費用以外の2000円が遺族に行くようにした方が、遺族にも、懐の座美しい僕にもありがたいなあと思います。
 返礼品や飲食費が葬儀社側の売り上げの大いなる部分になりますから、彼らには申し訳ないのですが、本音を言えば、「新生活で2000円包んで、返礼品を辞退すれば、1万円包んだのとほとんど同じことか」ということです。
 だったら、葬儀社やその仕入れ先のギフト屋さんには申し訳ないけれど、新生活2000円の方がはるかにありがたいです。
 まあ、いずれにしても、お葬式における新生活運動の定着は、群馬が全国に誇っていい財産であることは、間違いありません。
posted by katsuhiko at 20:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
10年ほど以前に父の葬儀をした時、新生活を標榜する方が50名ほどいらっしゃいました。こちらは何も知りませんので、一律3000円の会葬御礼の品を帰りがけにお渡ししました。
殆どの方が2000円のお香典で、全員が返礼品をしっかりと受け取って帰られました。
後で新生活の趣旨を聞いて、ちょっと吃驚しました。
その後、私は通夜、葬儀に参列した際には、返礼品を受け取ることを忘れたような顔をして帰ることにしています。
Posted by ヒロ at 2011年05月14日 18:34
新生活って群馬特有なんですか…。私も新生活の方が良いと思います。
Posted by 中学三年生 at 2011年05月27日 17:08
群馬セレモニーさんの功績に感謝ですね
Posted by ぐー at 2013年10月23日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35873295

この記事へのトラックバック